6/22迄。年に一度のAmazon大感謝祭開催中! 

WordPressテーマ『SANGO』のデメリット6つ&代わりの5テーマ【レビュー】

こういった疑問にお答えします。

悩んでいる人のアイコン画像悩んでいる人

ワードプレステーマの「SANGO」って人気だけど、デメリットってないの?実際に使っている人に教えて欲しい。

当ブログは、有料WordpressテーマであるSANGO」を使っています。
追記:「SWELL」に変えました。快適で気に入っています。

初心者の私が、実際にブログを立ち上げ使い続けているので、良いテーマであることは間違いありません。

さすが、大人気のテーマ。

うえだのアイコン画像うえだ

ただ、どうしても個人的にこうしたいのに出来ないっというデメリットが出てきました。

これらの悩みを解決する代わりのテーマも見つけたので、紹介します。

ワードプレスのテーマとしてSANGOを検討している人は、参考にしてください。

目次

WordPressテーマ「SANGO」のデメリット

テーマ「SANGO」

半年ほど使用し、現在の不満は下記6点。

  1. トップのメニュー表示がテキストのみ(ボタンみたいにしたい)
  2. スライダー、ヘッダーカードが配置できない
  3. ブログデザインに幅がでない。
  4. ふんわり優しい系のデザインなので、かっこいい系、シンプル系には不向き
  5. 意外とHTMLやらCSSの知識が必要になる(調べるのにもすごく時間がかかる・・・)
  6. みんなが使っていて個性がでない。(カスタマイズが難しくデザインがみんな一緒に・・)
うえだのアイコン画像うえだ

6つ目は、それだけSANGOが良いテーマってことなので、しょうがない部分でもありますが、個性的なブログを作りたい人にはオススメしません。

それぞれ、どの程度デメリットなのか、レビューしていきます。

『SANGO』のデメリット1:トップメニューがボタンみたいにならない

ヒトデブログ

こちら、有名ブロガーヒトデさんのブログの作り方のブログです。

赤文字で囲んだ部分、ここが私が言わんとしているメニューがボタンみたいになってるやつです。

SANGOだと、メニューは文字だけになります。

マクリンブログ

こちらはマクリンさんのブログ。シャレオツですね。

いやいや、パンくずリストも出てるし、SANGOでいいじゃないって言われたら、その通り。

完全に個人の趣味であり、機能の問題ではなくて、見た目の問題です。

うえだのアイコン画像うえだ

SANGOって「こうしたいな」って思ったことがひたすら調べたら大体できるので、出来ないことが妙に気になってしまうのかも。

うん、シンプルだし、これでいい気がしてきた。

ただ、トップメニューをボタンっぽくしたい人は、SANGOは向かないので、後悔する前に事前に他のテーマと比較しましょう。

『SANGO』のデメリット2:スライダー機能がない

これは、ウェブメディアっぽくスライダー機能を使いたいなっと思ったことがきっかけです。

カルーセルスライダー(自動で動くやつ)でなくても、トップにビジュアルの大きなヘッダーカードが欲しいなぁって。

またまた登場のヒトデブログさんですが、

ヒトデブログ スライダー風

HPのトップに、記事とは違う形で目を引く、ビジュアル豊富なヘッダーカードは目立っていいと思ったのです。

ただ、同機能はSANGOにはありません。

下記はSANGOのサルワカさんのHPです。

サルワカ TOP

トップのヘッダーカードは「記事の1つ」としての表現にとどまります。

でも、スマホで見てみると、PC画面とはまた違った印象になりました。

ヒトデブログ スマホ
サルワカ スマホ
うえだのアイコン画像うえだ

結構似てるかも。

「SANGO」では、このように人気記事などの特定記事をトップに持ってくるには、自分でHTML言語をコピペなどして打ち込む必要があります。簡単にワンステップで出来ないので要注意。
*後日追記*
水をさすようですが、これSWELLにしたら悲しいくらい一瞬で解決しました。もちろんコーディングの知識ゼロでできます。

「SANGO」の方には記事タイトルが入るため、記事っぽさがでる部分は否めません。

ただ、微妙にはちがいはあるものの、

スマホでのSANGOのトップ画面は、PCよりもメニュー感がでている気がします。

うえだのアイコン画像うえだ

スマホでみる人の方が多いから、まぁいいかなっという気もしてきますね。

こうなると、機能としての問題より、

やはり見た目の好みっということになってきます。

さっきと一緒だ。。

気にしない人はいいのですが、自分の好みがここに出そうって人は、後ほど紹介するテーマを考えた方がいいと思います。

『SANGO』のデメリット3:ブログデザインに融通性があまりない

これが結構大きいデメリット。

SANGOでは、ブログのデザインがかなり固定されいます。

初心者が自分好みにカスタマイズすることはなかなか難しいテーマで、アレンジしている人はプログラミング言語やCSSなどの知識があり詳しい人です。

デザインを少し変えて複数のブログを運営したい、ウェブメディアっぽい外観にしたい、などのニーズには応えません。

うえだのアイコン画像うえだ

テンプレートが豊富であったり、カスタマイズしやすいテーマとは違い、テンプレートはなく1つのスタイルのみなのがSANGOです。買う前にそれは知っておいた方がいいかと思います。SANGO使ってる人はデザインが本当にかぶります。笑

私は、一応プログラミング言語も学んだことがあるのでHTMLやCSSもググって頑張れる方ですが、それでも気軽にサイト全体のフォントを変えることさえ出来なかった時はストレスでした(明朝体に変更してみたい時があった。それくらいボタン1つでしてほしい。)

記事が増えると、カテゴリーページなんかもいじりたくなりますが、この辺もSANGOは融通が効きません。

バリバリ自分でプログラミングできる人じゃないと、ちょっと変更するのにも何かと大変なのがSANGOだと思います。

うえだのアイコン画像うえだ

逆に言うと、それがSANGOの潔さ!

バリバリにご自身でSANGOをカスタマイズされてるマクリンさんも、こんなツイートを。


▶︎「SWELL」公式サイト

『SANGO』のデメリット4:良くも悪くも、かわいい丸いデザイン。

SANGOは開発元の「サルワカ」を見てもわかるように、「可愛い」「優しい」「ふんわり」「丸い」デザインです。

つまり、かっこいい、クールで、四角い、デザインには合いません。

優しいオシャレさが魅力で購入したのですが、

途中から、なんというかミニマリストっぽい簡素なシンプルさを出そうとしてしまって(汗)、デザインで無駄に時間を過ごしてしまいました(そういう人は後述する「SWELL」や「Affinger5」が良いと思います。)

うえだのアイコン画像うえだ

逆に、かわいい系やさしい系のデザインが好きなら「SANGO」いいと思います。

結構HTMLやらCSSの知識が必要。

今や数多くのテーマが出てきた現在、SANGO最大のデメリットは自分らしさを出す際に、プログラミングの知識がある程度必要になる、ということ。

簡素化はしてくれているんですが、それでもブログの最初に言語から少々勉強することになってしまい、
時間は確実にとられます(自分もそうでした。涙)。

SANGOのデザインが好きだから、という気持ちでどこまで頑張れるか。

ある程度は勉強しよう!という人には苦にならないと思います。

SANGOだけが劣るっという話ではありません。

正直「SWELL」というテーマが昨年出るまでは、快適性は他のブログテーマとそれほど変わるものでもなかったと思うので。(SWELLはテーマの中では、かなり初心者に優しいです)

概ね大した問題ではないが、気になるときは気になる

書きながら検証することで、デメリットにあげた点は、言語部分以外は概ね大した問題ではない気がしてきました。;^^

むしろ、「これくらいしかデメリットがない『SANGO』はやはりすごいのかも?!」っとさえ思ってしまいます。

うえだのアイコン画像うえだ

一応デメリットの記事なのに、、、SANGOさすが。

『SANGO』のメリット

デメリットだけ述べたのではフェアではないので、メリットも行きますよ!

  • SANGOカスタマイズガイド(マニュアル)が超親切。
  • SANGOユーザーが現在進行形で多いので、ググれば大体出てくる。
  • テーマを頻繁にアップデートして改善している。
  • 複数サイトで利用できる
  • マテリアルデザインでおしゃれ
  • ショートコードが豊富
  • 速度早い
  • テーマの販売価格が安い

の実力が垣間見れますね。良いテーマです。

「SANGO」のデメリットを解決しそうな他のテーマ

SANGOのデメリットを解決してくれそうな機能が実装されている、他テーマを紹介します。

SWELL

今回私が実際買い換えたワードプレステーマがこの「SWELL」です。

上記にあげたSANGOのデメリットをインストールした当日に、一瞬で凌駕しました。
(悲しいくらい一瞬で、今までなんだったんだろう。。と切なくなったけど、サンゴ好きだったから平気。。)

結果大満足で、あまりにも便利で衝撃が走っております。

正直、これからの時代のテーマはこれだと思います。

開発者の了さん、1年経たずに法人化したくらい勢いがありまくります。

乗り換える前は、ショートコードなどが反映されるか不安でしたが、他テーマからの乗り換えプラグインが多数用意されていたので、かなりノーストレスで記事を移動させることができました。

「SANGO」を使っていた人は「え??これもこんな簡単にできるの?!」と書くストレスが減ること請け合いです。マジでマジでマジでおすすめいたします。

▶︎公式サイト
「SWELL」

うえだのアイコン画像うえだ

「SANGO」で満足していた私が、使って1日でびっくりするくらい進化を感じれました。後発の新しいテーマにはアドバンテージがあります。

WING(AFFINGER5)

affinger

なんかもう、出来ないことはなさそうなテーマです。。。スペック最強説あり。

テーマ1つで、ブログ風だけでなく、ウェブメディア風、ポータルサイト風までオールマイティに対応できるのはこのテーマだけ。怖いくらいなんでもござれです。

正直「SWELL」が出てなかったらAFFINGERだったと思います。ずっと乗り換えようと悩んでいたので。

カラーテンプレートも実装されていて、カラー選びを楽にしてくれたり、ボタンを簡単に作れる機能があったり、ブログ製作者のストレスを軽減してくれるテーマです(この機能は他のテーマにはないから、かなり羨ましい。)

なんでもできる分、少し難しいという意見もありますね。

ブログだけではなくてサイトも作りたい人は「AFFINGER5、間違いなく候補でしょう。

うえだのアイコン画像うえだ

SANGO以降、ずっと狙っていた夢が広がるテーマです。メンタリストDaigoさんもこちらを使用しています。

▶︎公式サイト
WordPressテーマ 「WING(AFFINGER5)」

JIN

wordpressテーマJIN

ブロガー御用達のテーマです。SANGOと迷う人が多いのではないでしょうか。

使ってる人が多いので、他の人のブログと見た目が似てしまうのはSANGOと一緒。先ほど紹介したヒトデさんも「JIN」を利用されてます。

スライダーも対応し、テンプレート的なスタイルがいくつもあって選べるのがいいところ。

で、憧れて実は購入してみたのですが、、、ガイドがSANGOより個人的には分かりづらくて。。。使いきれませんでした。

うえだのアイコン画像うえだ

JINもSANGOも買ってみたのですが、SANGOの方が自分には分かりやすかったです。個人差あるとは思います。ブロガーにはSANGOとJINは少し前まで大人気の両巨頭でした。

公式サイト
JIN

続いて、有名ブロガー専用テーマ2つも紹介します。

STORK19(ストーク19)

5年選手のブロガーの方に多い、ブロガー専用テーマ「ストーク」が2019年にパワーアップして「ストーク19」として登場しました。

大人気のテーマだけど古かったので、リニューアルして登場です。

ブロックエディタ(Gutenberg)にも対応して最新版に生まれ変わりました。

日本語メニューの下に、英語メニューがあるのが特徴。

▶︎公式サイト
ブロガー専用テーマ「STORK19」

SWALLOW(スワロー)

ブロガー専用テーマってことなんですけど、こちらもメディアっぽくも出来そうです。

STORKよりシンプルなミニマリストが好みそうなテーマです。

こちらの方がデザインに無駄がなくて好きです。

▶︎公式サイト
ブロガー専用テーマ「SWALLOWスワロー」

うえだのアイコン画像うえだ

「STORK」「SWALLOW」は同じ会社から出ているのですが、購入したテーマを複数サイトで使用できないのが、マイナスポイント

結論:「SANGO」を使い続けるかどうか

デメリットのレビューでは、「大した問題ではないが、気になる人は気になるよね」ということがわかりました。

また、いくらSANGOと言えどもある程度のHTMLやCSSのスキルがいることも。

当ブログは個人ブログです。

そのため、SANGOを使い続ける、それとも新しいテーマにするか、などは完全に主観に寄るところ。正解はありません。

わたしは、SANGOのおかげでブログの楽しさを知れ、大きな問題はないので、当面このブログはSANGOで行きます。

ただ、ちょっとSWELL、、気になりますねぇ。。

ブログ収入がもし出たら、買い換えようかな、と思っています。 → 後日追記:SWELL購入してしまいました!結果満足で、もっと早く変えときゃよかった。。

以上、WordpressテーマとしてSANGOを検討している方に、少しでも参考になったら幸いです。

ではでは、今日も素敵な1日にしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる