6/22迄。年に一度のAmazon大感謝祭開催中! 

WordPressテーマをSANGOからSWELLに変更した際の問題点(注意:アクセス減)

タイトル通り、2日前ににWordpressのテーマを「SANGO」から「SWELL」に変更しました。

変更理由はSANGOのデメリット記事に書いたわけですが、

SWELL」はそのデメリットをメリットに変えてくれるどころか、「え?こんなこともできるの?」とびっくり喜んでしまうことばかり。

設定なんかのために検索していた時間が7割減ったイメージです。劇的です!

うえだのアイコン画像うえだ

ストレスが減り、ブログを書くこと自体が楽しくなりました。

WordPressテーマ「SWELL」
https://swell-theme.com/


この記事では、ワードプレスのテーマを「SANGO」から「SWELL」に以降とする人のための注意点をまとめました。

「SWELL」に変えるときの注意点

WordPressの有料テーマをSANGOからSWELLに変えたよ。
WordPressテーマをSANGOからSWELLに。

ウキウキでテーマを「SWELL」に変更したところ、大きな問題が発生してしまいました。。。

正直、ひーーってなるやつです。

  1. メタディスクリプション(ページの説明)が全部消えた
  2. アクセス数が衝撃的に減った

SWELLをダウンロード直後1日半はデザイン面や、使用面でかなり快適すぎて「なんで早くこのテーマにしてなかったのかーっ時間が節約できたのに・・」と自分を責めたくらい気に入っていたのです。

しかしそれも束の間、上記の問題を確認。。。沈(⬅︎単純にミスでした;^^)

うえだのアイコン画像うえだ

初めてのWordpressテーマの乗り換えは、ミス多発です。

備忘録として残しておきます。

読んだ方はぜひ、同じことが起こりませんように。

対策案も書いてますので、参考にしてください。

メタディスクリプションが全消えした

メタディスクリプションの欄がなくなってる

SEOに有効とされているメタディスクリプション。

どういう記事が書かれているのかを説明しておくやつです。

この欄がですね、SWELLでさぁ記事を書こうとすると消えてるんですよ。

「ん??じゃあ今までいれたデータはどうなってるの??」

「Goolgleさんには伝わらなくなるの?」

っとまあ、かなりのショックが舞い込みまして、(はぁ、なんでテーマを新しくするなんてことしてしまったんだろう)と自分のチャレンジまで後悔しだす始末。。。

WordPressテーマ「SWELL」ではメタタグの出力は”あえて”プラグインに任せる!とのことで、どう開発者のプラグイン「SEO SIMPLE PACK」の利用を推奨。

確かに、大事なメタ情報をテーマ側に依存させちゃダメだよね、、、、と今回の件で納得しました。

どうやら乗り換える前に、プラグインで移行すると良いようです。

参考:「All in One SEO Pack」の各記事の設定を引き継いで「SEO SIMPLE PACK」へ乗り換える方法

これ、まじでみんな気をつけよう!

70記事ほどしかないし(まぁ、メタディスクリプションを書いてた記事はその8割程度)入れ直すしかないかっと納得しかけた頃、

さらに追い討ちをかけるニュースが!

アクセスが激減してた

アクセスが激減した

「、、、、(一瞬無言)」

え??なになに?何この急降下??

特に毎日アクセスチェックしないので、確認したのは乗り換え2日後ですが、流石にびっくりしました。

アクセス解析

毎日あったアクセスが、、、

見事に棒グラフの棒ごと消えてまっっっっす。

え?、、、えええええ??

対応策

まず考えたのは「Googleアナリティクスのコードを読み込んでいない可能性」について。

そういや、Googleのツール系、テーマ変えた後に再設定していませんでした。。ははは。;^^

Googleツールズの再設定は忘れずに!

早速設定しておきます。

Google アドセンス、コンソール、アナリティクスの設定確認

  • Google アドセンスの設定をやり直しました。
  • Googleアナリティクスも同様に
  • そうそう、Google Search Consoleもね。

全て、SWELLは簡単に登録することができました。これ、SANGOより便利

SANGOからSWELLへの乗り換えサポート用プラグインを実装

次に、テーマ「SWELL」で配布されているSANGOからSWELLに乗り換える人用のプラグインを実装させること。

これにて無事に、吹き出し、ボックス、見出し、などのエラーが修正されました。

ありがたや〜です。

Google Search Consoleでエラー確認

残念ながらGoogle Search Consoleは数日前のデータしか見れないのでこちらはまだデータが載っていません。

確認次第レポートします。
後日追記:記事末尾に追記しました。

時系列で変化を追う

正しく状況を伝えるために時系列で整理しますね。

・5/19 SANGO最終日(アクセス数:467)
・5/20 WordpressのテーマをSANGOからSwellに移行。(アクセス数:326)
・5/21 SWELL初日(アクセス数:9)
・5/22 SANGOからSWELLへの以降プラグインを使用

さて、この後どうなるか。

もしも数日以内にアクセスが戻らなければ、残念ながらSEOが弱いと判断して、SANGOに戻すことも検討でしょうか。

ハラハラしますね。

以上、続きはまた明日か明後日にご報告します(いい知らせが出来ますように)。

おやすみなさい。

後日追記(翌日)「アクセス戻りました!」

V字きたーーー!!

青マーカー部分が追記の情報となりますが、これはアクセスは戻ったと考えて良いでしょう。

あぁ良かった!、ホッとしてます。

お騒がせしました。

追追記(3日後)SWELLでむしろアクセス増えた

追追記(3日後)SWELL にしてアクセス増えた


いや、むしろSWELLにして、アクセス増えておる!!

これはラッキー!!

っというわけで、みなさん安心してSWELLにご移行ください。

まとめ「移行する人はこれした方がいい」

移行する前に、これだけはしておきましょう。

  • メタデータはプラグインを使って移行させましょう【テーマの乗り換え前に】
  • Googleの3種の神技(アナリティクス、アドセンス、サーチコンソール)は即再設定しましょう。【10分以内で終わります】


こんなことがありましたが、「SWELL」自体はとても使いやすいテーマで、心の中で静かにテンション上がってます。



SANGOも当時は使いやすいと思いましたが、数年後に発売されたテーマは、やはりこんなに進化するものなんですね。

これから新たにワードプレステーマ買うことを検討している人には、「SWELL」は必ず候補に入れた方が良いかと。そのくらい良いテーマです。


ではでは、今日も素敵な1日にしていきましょう。

よかったらシェアしてね!