6/22迄。年に一度のAmazon大感謝祭開催中! 

コロナ時の資産クラス別のファンドの値動き比較で分かった2つのこと(グラフ有り)

コロナショックで久しぶりに全世界の株が落ち、そして(金融政策が効いて)戻ってきています。

このタイミングで、資産クラスごとにコロナ時期を含むこの1年の値動きを比較し、今後の資産配分の参考にしたいと思います。

※2019/6/10~2020/6/11の1年間です。

うえだのアイコン画像うえだ

有事の時は値動きが顕著なので、比べやすいですね。

結論をネタバレすると、

  • 株価は全世界がかなり連動している(じゃあ全世界株でいいんでは?)
  • 債券は株価に連動しない(しかし、リスク軽減になってる?)

です。

では、各資産のグラフを見てみましょう。

目次

それぞれのインデックスの動きをみてみる

各資産クラスのここ1年の値動きを比べてみます。

チェックする資産クラスは下記。

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 全世界株式
  • 日本債券
  • 先進国債券
  • 新興国債券
  • 全世界債券
  • 国内REIT
  • 先進国REIT
  • 新興国REIT
うえだのアイコン画像うえだ

チェックしたいのは、世界的に株価が下がる中、反対の値動きをするものがあるのか、あまり下がらなかったものがあるのか、です。

確認したチャートは、低コストのインデックスファンドとしてメジャーなeMaxis Slimシリーズを中心にしました。

全て円換算ベースです。

株式の1年の動き

国内株式のインデックスファンド

TOPIX平均株価を指標とする「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」の過去1年の動きが下記の通りです。

「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」の過去1年の動きが

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+13.9%まで膨らんだ後、ー19.80%まで減り、現在+6.65%です。

日経平均の指標とする「eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」の1年の値動きは下記の通りです。

「eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」の1年の値動き

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+14.56%まで膨らんだ後、ー20.84%まで減り、現在+11.33%です。

うえだのアイコン画像うえだ

動き方はほぼ一緒、値動きの幅は日経平均の方が大きかったようです。

先進国株式のインデックスファンド

MSCIコクサイ・インデックスを指標とする「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の1年の値動きが下記です。

「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の1年の値動き
目盛りが今までの10%ではなく、20%刻みになっています。

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+19.1%まで膨らんだ後、ー22.87%まで減り、現在+7.81%です。

うえだのアイコン画像うえだ

アメリカが先導する世界の景気に日本株も引っ張られるので、落ち込んでるポイント上がっているポイントは先進国株、日本株ともにほぼ同じです

先にコロナがアジアで流行ったので、国内株式の方が先進国株式より先に下がり始めていますが、米国株が落ちた瞬間に日本株も落ちが早かったですね。

ちなみに全米株インデックスの動きは「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」を参考にすると下記の通りです。

「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+21.43%まで膨らんだ後、ー21.77%まで減り、現在+11.02%です。

うえだのアイコン画像うえだ

先進国を率いているのはやはり、時価総額も多いアメリカですね。

では、新興国の1年間の値動きはどうだったのでしょうか。

新興国株のインデックスファンド

MSCI エマージング・マーケット・インデックスと連動している「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の1年の動きです。

「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の1年の動き

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+15.61%まで膨らんだ後、ー23.07%まで減り、現在+0.5%です。

うえだのアイコン画像うえだ

大国のマイナスの影響が来るわりには、プラスの影響は届いていない感じですが、上下するタイミングは連動してます。

では、今までの資産クラスと全世界株式の1年の値動きを比較してみましょう。

世界株式のインデックスファンド

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスに連動する「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」の1年がこの動き。

「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」
グラフ左は20%ではなく10%になっているのに注意してください。

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+17.60%まで膨らんだ後、ー22.16%まで減り、現在+6.81%です。

先進国株(つまりほぼアメリカ)の動きと連動してます。

現在は全世界株の55%をアメリカ株が占めています。

(株式)インデックス投資の傾向まとめ

株式の資産クラスの値動きのピークを表にまとめてみます。

コロナ前ピーク値下がり率6/11現在
国内株式(TOPIX)+13.9%-19.80%+6.65%
国内株式(日経平均)+14.56%-20.84%+11.33%
先進国株式+19.1%-22.87%+7.81%
米国株式+21.43%-21.88%+11.02%
新興国株式+15.61%-23.07%+0.05%
全世界株式+17.60%-22.16%+6.81%

2020年6月11日以前の1年の値動きはこうだったということで、この先を示すものではありませんが、言えるのは

現在は、アメリカの株価が落ちるタイミング、上がるタイミングに全世界の株が連動するようだ

ということです。

うえだのアイコン画像うえだ

どのインデックスを買うか考える前に、全世界の株価は連動している、とうのを知るのが大切だと感じます。

では、債券はどうだったのでしょうか?

債券の1年の動き

一般的に債券は、株式とは違う値動きをするので分散効果が働き、期待リターンをあまり減らさずにリスクを効率的に下げることができる、とされています。

国内債券のインデックスファンド

NOMURA-BPI総合に連動する「eMAXIS Slim 国内債券インデックス」の1年の動きです。

「eMAXIS Slim 国内債券インデックス」の1年の動き

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に-0.93%まで減った後、+0.76%まで上がり、現在-1.36%%です。

こちらが、5年間の動きです。

eMAXIS Slim 国内債券インデックス」の5年の動き

先進国債券のインデックスファンド

FTSE世界国債(除く日本)に連動する「eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」の1年の動きです。

「eMAXIS Slim 先進国債券インデックス」の1年の動き

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+6.4%まで膨らんだ後、+1.04%まで減り、現在+6.1%です。

うえだのアイコン画像うえだ

債券の動きは、国内と先進国では違いますね

一見高金利のように見えますが、金利差や為替リスクを考えると、老後を円で使う予定の日本人に手放しで進めるものではない、ということは伝えておきます。

新興国債券のインデックスファンド

JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイドに連動する「eMAXIS 新興国債券インデックス」の1年の動きです。

「eMAXIS 新興国債券インデックス」の1年の動き

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+8.95%まで膨らんだ後、-11.07%まで減り、現在+2.06%です。

全世界債券のインデックスファンド

「楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド」の1年の動きです。

「楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド」の1年の動き

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+5.43%まで膨らんだ後、+0.15%まで減り、現在+3.95%です。

(債券)インデックス投資の傾向まとめ

債券の資産クラスの1年の値動きのピークを表にまとめてみます。

コロナ前ピーク値下がり率6/11現在
国内債券-0.93%0.76%-1.36%
先進国株式+6.4%+1.04%+6.1%
新興国株式+8.95%-11.07%+2.06%
全世界株式+5.43%+0.156%+3.95%

債券のチャートの左の単位が5%単位で、株価との比較がしづらいです。

そこで、下のチャートでは、全世界株の値動きの上に、全世界債券の動きを載せてみました。

矢印で指した薄い色の線が全世界債券の動きです。

全世界株の値動きの上に、全世界債券の動きを載せてみました。

この1年の値動きはこうだったということで、この先を示すものではありませんが、

債券は、株と逆の動きをしている訳ではないが、株価の値動きに影響を受けづらい

ということが、わかりました。

株によるリスクは確かに減らせそうですが、リスクを減らしたいという意味では、金利差や為替リスクを考えると外国債券は弱いと感じます。

国内債券もごらんの感じなので、ここはやっぱり「個人向け国債(変動金利型10年満期)」かなぁ、と。

REITの1年の動き

REITは株・債券に比べると市場価格規模ははるかに小さく数%に満たないので、私は無理して資産に組み入れなくてもいいと考えてますが、値動きだけみておきましょう。

国内と先進国のREITインデックスファンドの動きです。

国内REITのインデックスファンド

「Smart-i Jリートインデックス」の1年の動きです。

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+19.18%まで膨らんだ後、-38.9%まで減り、現在-5.44%です。

先進国REITのインデックスファンド

「Smart-i 先進国リートインデックス」の1年の動きです。

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+14.94%まで膨らんだ後、-36.59%まで減り、現在-9.52%です。

新興国REITのインデックスファンド

「eMAXIS 新興国リートインデックス」の1年の動きです。

1年前を起点とすると、基準価額はコロナショック前に+9.65%まで膨らんだ後、-46.31%まで減り、現在-26.80%です。

(REIT)インデックス投資の傾向まとめ

REITの資産クラスの1年の値動きのピークを表にまとめてみます。

コロナ前ピーク値下がり率6/11現在
国内REIT+19.18%-38.9%-5.44%
先進国REIT+14.94%-36.59%-9.52%
新興国REIT+9.65%-46.31%-26.80%

この1年の値動きはこうだったということで、この先を示すものではありませんが、

REITは、株価が落ちる社会要因に引っ張られて落ちるが、株のようには戻らない

ということが、なんとなくわかりました。

比較で見えてきたもの

1年前を起点に見ると、コロナ時期を含めても株価は値上がりをしており、債券も日本債券クラス以外プラスです。

参考にみていたREITは一転、全て大幅なマイナスの状況です。

株式インデックス投資信託

コロナウィルスは中国武漢を起点に全世界に広がり、経済はアメリカに全世界が連動。

そのぐらい世界はすでに密接に繋がっています。

株価も全世界が連動しています。

うえだのアイコン画像うえだ

ではやはり世界の成長に乗っかれる、全世界株式一本でいいのでは、というか、むしろ新興国株式100%でなければ、どの株式クラスのインデックスでもいいのかもしれません(笑)

債券インデックス投資信託

株式と違う安定した動きを期待するならば、国内債券または全世界債券が良さそうです。

ただ、外国債券は金利差や為替リスクを考えると、リスク低減になるか疑問も残ります。

うえだのアイコン画像うえだ

国内債券か、むしろ、元本保証がある国債を直接買うのが良いかなぁ、と思いました。

所感まとめ

以上の動きを比較した結果思ったことをメモしておきます。

  • 全世界で株価はかなり連動している
  • 債券は株価に連動しない

当初知りたかったことに関しては、こんな風な感想を持ちました。

みなさんはどうでしょうか?

あとは、

  • やっぱり自分は世界株式1本作戦かな
  • 新興国株に現地点では割安感がでているな
  • これが現状ではなく、人の期待値で株価が動くということか、
  • つまり、平均回帰線の威力?

という感想をもちました。

また、思ったよりスッと実情に合わせず株価だけ戻った印象ですが、やっぱり予想なんて出来ないですね!

今後の動きも時折確認したいと思います。

とりあえず、問題は感じていないので、特に何もしません。笑

以上、今後の資産配分の参考にしていただけましたら幸いです。



最後に、リターンばかりに目が眩んで大事なリスクを忘れている方には、ぜひ「お金は寝かせて増やしなさい」を一度読むことをオススメします。

1000円ちょっとのこの本を読んどくだけで、大きな失敗を未然に防いで資産投資に邁進できると思うので、かなり安い投資です。

インデックス始める前の人にはもちろん、既に始めた人にもオススメなので、読んでいない人いましたら、在宅時間の隙間にぜひどうぞ。

ではでは、今日も素敵な1日にしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる